指導科目



小学生コース
指導可能科目・・・国語、算数、理科、社会、英語
*学校の授業の予習・復習から中学受験対策まで、生徒一人一人の状況に合わせて指導方法を組み立てます。小学生の学習内容は 中学生、高校生の学習を行うための基礎となります。基礎が揺らいでしまうと進学してから苦労する可能性が高くなるため、小学生コースでは文章読解力や計算能力などの基礎学力を定着させることを常に意識して指導を行います。
中学生コース
指導可能科目・・・国語、数学、理科、社会、英語
*中学生コースは、定期テスト対策をベースとして指導を行います。公立高校の受験は【内申点】+【学力検査の点数】+【その他の検査(面接など)】の総合点で合否が決まります。内申点は中学1年から3年までの通知表をもとに算出されるため、定期テスト対策は内申点を上げるためにも重要になってきます。もちろん、学力検査の対策(過去問などを使っての問題演習)やマンツーマン指導を活かしての面接練習も行います。総合点の3つの要素を常に意識して指導を行うことで、志望校合格を目指します。
高校生コース
指導可能科目・・・数Ⅰ、数A、数Ⅱ、数B、数Ⅲ、物理基礎、物理、化学基礎、化学、英語
*学校の授業で理解できなかった問題の解説から大学入学共通テスト対策、二次試験対策まで行います。高校受験と同様に、大学受験においても評定平均値(内申点)を上げておくことは大切です。学校推薦型選抜入試や総合型選抜入試など、受験の選択肢の幅が広がるからです。そのため、定期考査対策にも力を入れております。家庭教師在職中に高校生には数学と理科を中心に教えていたこともあり、理系科目に強いのが特徴です。指導可能科目に記載されていない教科につきましてもご相談に応じますので、お気軽におっしゃって下さい。